宮崎県産 ほしいも(べにはるか)

LINEで送る
Pocket

前回 成城石井で干し芋を探した続きです

高級食材を扱っているスーパー成城石井で、どんな干し芋が売っているか
探しに行ってみつけてきた、宮崎県産の干し芋、べにはるかを食べてみました。
干し芋といえば「玉豊」で作った干し芋が大半でしたが、
最近お土産や贈答用として売られている
干し芋は紅はるかが多くなってきましたね。

広告

宮崎県産 ほしいも(べにはるか)とは


 
宮崎県産ほしいも(べにはるか)は、宮崎県児湯郡川南町の
農業生産法人 有限会社 ミキファームさんが
自社圃場でさつまいもを栽培して、干し芋にしている商品のようです。

使用している品種は、「紅はるか」。2007年に開発された品種ですが、
安納芋より糖度が高いので、最近干し芋に多く利用されています。

紅あずまはホクホクしていますが、紅はるかは水分が多くねっとりとした
甘さが特徴ですが、この干し芋はどうでしょうか。

宮崎県産 ほしいも(べにはるか)の食レポ

香りを嗅いでみると芋の香りは高いと思います。
粉の吹き具合も最高です。
この白い粉は、でん粉が糖分として浮き上がってきたもので美味しい
お芋の印です。

そして食べてみたんですが、紅はるかの干し芋ってねっとりしていて
ベトベトの物が多いんですが、結構さらされしていて
少し甘みが少ない気がしました。

味的には、玉豊と紅はるかの中間の味の干し芋な気がします。

炙ってみましたが、甘みはそう変わりませんでした。

宮崎県産 ほしいも(べにはるか)情報

商品情報
品名 : 
原材料名 :  さつまいも(宮崎県産) 品種 べにはるか
内容量 :  120g
製造者 :  農業生産法人 有限会社 ミキファーム
値段 :  540円 (税込み)
購入元 :  成城石井

芋男の評価

紅はるかは甘すぎるという人にお勧め。

甘さ
 3.3 点
味わい深さ
 3.5 点
さつま芋の風味
 3.9 点
やわらかさ
 3.8 点
おすすめ度
 3.7 点

LINEで送る
Pocket

広告
芋男
大学を卒業後、独立系SI屋に就職、Linux関連の会社に転職後、干し芋好きが講じてこのサイトを作成。自分が実際に食べて美味しかった干し芋を紹介したいと考えています。