【貴重品種】人参いも ハマコマチの干し芋を食べてみた

LINEで送る
Pocket

この間、秋葉原のCHABARA(ちゃばら) 日本百貨店を訪れた時に
購入した人参いも ハマコマチの干し芋を食べてみました。

広告

人参いも ハマコマチ とは

みなさん、人参いもってご存知でしょうか?

人参と薩摩芋の掛け合わせ???と普通は思うでしょうが違います。
人参ではありません、あくまでさつまいもの品種のうちの一つです。

本来は、「隼人芋」と書きます。
隼人芋は、鹿児島県で作られてきた在来種のサツマイモです。
カロテンを豊富に含んでいるので肉色が
オレンジやサーモンピンクなので、「にんじん芋、人参芋」とも
よばれているのです。

しかし、アメリカにも隼人芋と同一種の芋が存在していて、
それらの品種も人参いもと呼ばれるようになり、
アメリカ種と、青果用用種のベニオトメと掛け合わせて出来たのがハマコマチなのです。

要するに、現在は肉質がオレンジ色をしているさつまいものことを
みなさん、人参いもと呼んでいるようです。

人参いも ハマコマチの食レポ

まず、匂いですが芋の香りが高いです。
食べてみると、人参のほのかな甘みがします。

数粒口に入れて舐めていると、甘い柔らかい人参を舐めている
気分になってきます。(笑)

とても素朴な味で、甘い干し芋を想像して食べてはいけない気がします。

人参いもは、人参いも干し芋として楽しんで頂ければと思いました。

人参いも ハマコマチ情報

商品情報
品名 :  こつぶな紅いも
原材料名 :  さつま芋 (静岡産)
内容量 :  80g
製造者 :  福田商店
値段 :  380円 (税込み)
購入元 :  CHABARA(ちゃばら) 日本百貨店しょくひんかん(にっぽんひゃっかてんしょくひんかん)

芋男の評価

素朴な甘みを楽しみたい人にお勧めです。

甘さ
 2.9 点
味わい深さ
 3.3 点
さつま芋の風味
 3.3 点
やわらかさ
 3.5 点
おすすめ度
 3.8 点

LINEで送る
Pocket

広告
芋男
大学を卒業後、独立系SI屋に就職、Linux関連の会社に転職後、干し芋好きが講じてこのサイトを作成。自分が実際に食べて美味しかった干し芋を紹介したいと考えています。