セブン・イレブン なると金時の芋団子

LINEで送る
Pocket

セブン・イレブンのスイーツコナーを眺めていたら、団子シリーズになると金時が登場。同シリーズの小豆の団子が美味しいそうだな〜と思って見ていましたが買ったことは無かったので初挑戦です。

広告

セブン・イレブンのなると金時の芋団子とは

製造元の十勝大福本舗さんは名前の通り北海道十勝の会社ですが、埼玉県の入間、ふじみ野に工場があるのでセブン・イレブンのスイーツコーナーでよく見る会社です。

パックの中には上新粉を使った団子が5つ、その上に鳴門金時の餡がかかっています。

先日は、洋風いもようかんも食べたので姉妹品なのではないかと思います。

セブン・イレブンのなると金時の芋団子の食レポ

まずアンコを食べてみると、鳴門金時の自然の甘味が感じられ甘さも丁度良いです。しかし団子の量が多いな〜。団子に餡を絡まらせて食べたいのに、団子1つが少し大きい気がします。

もう少し小さくして、餡を絡めたらもうっと美味しくなるのに。

上新粉を使っていて美味しいことは美味しいんだが、なんとなくバランスが悪い気がした。アンコも団子も美味いことは美味い。

セブン・イレブンのなると金時の芋団子情報

商品情報
名称 :  和生菓子
原材料名 :  上新粉(国産)、さつまいも加工品、白あん(いんげん豆、砂糖)、砂糖、もち粉(国産)、調味エキス、塩/トレハロース、加工澱粉、糊料(加工澱粉)、酵素、クチナシ色素、調味料(アミノ酸)、(一部に小麦、大豆を含む)
内容量 :  5個
製造者 :  株式会社十勝大福本舗
値段 :  192円 (税込み)
購入元 :  セブン・イレブン
栄養成分表示
1包装当たり
エネルギー :  213kcal
たんぱく質 :  3.3g
脂質 :  0.6g
炭水化物 :  49.4g
糖質 :  47.8g
食物繊維 :  1.6g
食塩相当量 :  0.07g

芋男の評価

今度は小豆を食べてみようと思う。

おすすめ度
 3.8 点
LINEで送る
Pocket

広告
芋男
大学を卒業後、独立系SI屋に就職、Linux関連の会社に転職後、干し芋好きが講じてこのサイトを作成。自分が実際に食べて美味しかった干し芋を紹介したいと考えています。