チーズとクリームが香る スイートポテト 深作農園 鉾ほく

LINEで送る
Pocket

スイートポテトって美味しいでよね。最近、コンビニでも1口タイプのスイートポテトが100円くらいで売られています。しかしそれには結構添加物が入ってっますが、茨城県のアンテナショップ、IBARAKI sense(イバラキセンス)で売っているスイートポテトって添加物を使わないで、芋の味で勝負しているものが多いんですよね。今回購入したのは、これ鉾ほくです。

広告

鉾ほくとは

鉾ほくは、茨城県鉾田市にあるバームクーヘンで有名な深作農園が作っているスイートポテトです。

深作農園は、EM自然農法Effective(有用)Microorganisms(微生物群)善玉菌優勢農法と呼ばれる農法をベースにして有機栽培の農作物を加工している販売会社で、子供にも安心して食べさせられるお菓子を作っている会社です。

スイートポテトのページには以下にあります。

自社農園で土づくりからこだわって作った、農家が作ったスイートポテト W.P.A受賞の最高品質のさつまいもで、丁寧に焼き上げました。 自家農園で収穫したさつまいもを専用オーブンで焼き芋にすることからスタートする工程は手がかかりますが、 一つ一つの工程にも妥協しないで作り上げる本格的スイートポテトです。 そのまま食べてもおいしいと人気の、日本初W.P.Aで最高評価を受賞した深作農園のさつまいもをたっぷり使用いたしました。 さつまいものやさしい甘さとなめらかな口どけをしっかりと堪能できる、今までのスイートポテトのイメージを覆す商品です。

サイトを見ると、めっちゃ美味しそうなお菓子が一杯のお洒落なお店ですね。一度是非行ってみたい。

https://le-fukasaku.com/

鉾ほくの食レポ

食べてみると、やはり洋菓子に力を入れているからなのか、芋本来の味より、バター、生クリームの味が強いですね〜。

下でよーく味合うとチーズのほのかな香りと味。芋というかクリームチーズを食べている感じがします。

それでいて、原材料の2番目の「白あん」は、主張は控え目でGood!!!

スイートポテトに白あんが入っている事は多いんですが、あまり白あんが主張するスイートポテトは苦手なんでが、これは程よい主張で良いですね。

茨城県の加工菓子はスイートポテトが多いので、違いをだそうとする意気込みは感じられる一品。これは県内の他社のスイートポテトとは違うわ。

あくまで個人的な感想ですが、美味しいけど、スイートポテトっていう感じではないかな〜。

ここまで生クリームの味が強いと、ケーキ屋が作る生クリームたっぷりのスイートポテトと比較してしまうんですよね。

鉾ほく情報

商品情報
名称 :  スイートポテト
原材料名 :  さつまいも、白あん、バター、鶏卵、生クリーム、クリームチーズ、水あめ、ブランデー、塩
内容量 :  1個
製造者 :  農業法人深作農園有限会社
値段 :  313円 (税込み)
購入元 :  IBARAKI sense(イバラキセンス)

芋男の評価

もう少し芋が主張しても良いかも。

おすすめ度
 3.9 点

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スイートポテト さつまいも スイーツ 6個入り 鉾ほくポテト 芋菓子 和菓子 芋 イモ 無添加 プチギフト ご当地 お菓子 お取り寄せ 紅はるか 誕生日 バレンタイン ギフト
価格:1980円(税込、送料別) 広告 (2019/2/3時点) 広告

LINEで送る
Pocket

広告
芋男
大学を卒業後、独立系SI屋に就職、Linux関連の会社に転職後、干し芋好きが講じてこのサイトを作成。自分が実際に食べて美味しかった干し芋を紹介したいと考えています。