新感覚 芋燻 ほしいもせんべい 圷ほしいも

LINEで送る
Pocket

IBARAKI sense(イバラキセンス) で、まだ食べたことがないメーカーの干し芋を探していたら、干し芋の燻製 芋燻、ほしいもせんべいなるものを発見した。小麦粉にさつまいもペーストを練り込んだ、さつまいものスナック菓子やクッキーなどはよく見かけるが、煎餅とは??裏の原材料を見ると、「さつまいも(ほしいも:紅はるか)」しか書いていない。

広告

芋燻 ほしいもせんべいとは


 

 

 
芋燻 ほしいもせんべいは、茨城県那珂郡東海村の圷ほしいも直売所が製造している。薄く切って天日干しした、干し芋をプレス焼きした芋煎餅です。

パッケージには、

こだわりの土で栽培した「さつまいも」を蒸し・皮をむき・天日干しして「ほしいも」に
さらに”油”や”砂糖”は一切使わず “うまみ”をぎゅっと一枚一枚プレス焼き!
“バリバリ”食べる新食感の「おせんべい」
100%自然の味をお楽しみください

と書かれているので、 芋男の想像ですが、油と砂糖を一切使わずと書いてあるので、薄い干し芋を、よく海辺の観光地で見かける、イカとかタコをプレスして焼く「プレス式 イカ焼き機」で焼いたものだと思われます。

パッケージには、特許出願中と書かれています。

芋燻 ほしいもせんべいの食レポ


 
食べてみると、なるほどなるほど。干し芋をプレス機で焼き、食べる前から味は想像出来たんですが、確かに新食感です。

この手の芋菓子って小麦粉と砂糖の味がするんですが、原材料が干し芋のみってことなので、素朴な味ですが、紅はるかの甘み、旨味がぎゅーーーと凝縮されています。

そして、食べていると歯の裏に芋がくっつく感じ。まさに干し芋(笑)

これは、圷ほしいも直売所の普通の干し芋を食べてみたくなりますね。

これは他では味わえないと思うので、芋好きの人へのサプライズ土産には良いかもしれません。

芋燻 ほしいもせんべい情報

商品情報
名称 :  芋燻(いもくん) いもせん
原材料名 :  さつまいも(ほしいも:紅はるか)
内容量 :  50g
製造者 :  圷ほしいも直売所
値段 :  556円 (税抜き)
購入元 :  IBARAKI sense(イバラキセンス)

芋男の評価

バリバリ食べる干し芋。まさに新感覚。珍しい干し芋です。

甘さ
 4 点
味わい深さ
 4 点
さつま芋の風味
 4 点
やわらかさ
 1 点
おすすめ度
 4.2 点

LINEで送る
Pocket

広告
芋男
大学を卒業後、独立系SI屋に就職、Linux関連の会社に転職後、干し芋好きが講じてこのサイトを作成。自分が実際に食べて美味しかった干し芋を紹介したいと考えています。