焼き芋+干し芋の進化系、焼き干し芋 夢こまち

LINEで送る
Pocket

先日茨城県の銀座にあるアンテナショップ、茨城マルシェのホームページを見ていたら、夢こまちという干し芋のようで干し芋で無い商品が売られていたので、早速茨城マルシェに行って購入してまいりました。

広告

夢こまち 皮付き焼芋丸干し とは

夢こまち 皮付き焼芋丸干しは、茨城県鉾田市にある株式会社夢食六さんの干しいものもちもち感と焼きいもの香ばしさを同時に得られる、夢食六さんのオリジナル商品です。ようは、焼き芋+干し芋が同時に味わえる商品なのです。原材料には、さつまいもと書かれていますが、紅はるかを使用しているそうです。


 

夢こまちの製法

芋は、保存すると甘みが増すので干し芋を作る際は、低温倉庫に数カ月間保存されます。夢食六さんのホームページを見ると、この夢こまちも四ヶ月ほど熟成させるそうです。しかし、違うのはここから、通常は蒸して、天日干しというのが干し芋を作る一連の流れですが、夢こまちは、大きさ毎に仕分けをして、時間、温度、風量を調整して焼き上げるそうです。その後、独自の方法(特許製法らしい)で干し上げを行い完成させるそうです。だから、夢食六さんだから味わえない味だと思います。私も類似品を見たことがありません。

夢こまち 皮付き焼芋丸干しの食レポ


 

 
丸干しとうたっていますが、袋を開けるとぺちゃっと潰れた平干しかな?と思わせるような丸干し芋が並んでいました。普通の丸干し干し芋はもっとまんまるしているのですが、ちょっと違うな〜と思って食べみたら、潰れているのに納得しました。うぁーーー甘い!きっと甘すぎて柔らかいため、まんまるを維持出来ないみたいです。

しかも、これは食べたことない。芋の美味しさです。食べると焼き芋の香りがほんのりして、紅はるかのねっとりとした甘みが味わえます。まさに芋の高級なスイーツ!

夢こまちには、皮付きと皮なし商品があるのですが、皮も美味しので私は皮付きの方が好きかもしれません。

夢こまち 皮付き焼芋丸干し情報

商品情報
品名 :  夢こまち (皮付き焼芋丸干し)
原材料名 :  さつまいも (紅はるか)
内容量 :  150g
製造者 :  株式会社夢食六(むべろく)
値段 :  864円 (税込み)
購入元 :  茨城マルシェ

芋男の評価


甘さ
 4.3 点
味わい深さ
 4.2 点
さつま芋の風味
 3.6 点
やわらかさ
 4.3 点
おすすめ度
 4.3 点

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

焼き芋 干し芋「焼き芋丸干し芋 皮付き100g×6」紅はるかを焼き芋にして,その…
価格:3580円(税込、送料別) 広告 (2017/9/25時点) 広告

LINEで送る
Pocket

広告
芋男
大学を卒業後、独立系SI屋に就職、Linux関連の会社に転職後、干し芋好きが講じてこのサイトを作成。自分が実際に食べて美味しかった干し芋を紹介したいと考えています。