特選 黄金の芋けんぴ ケーフーズ生田目

LINEで送る
Pocket

銀座にある茨城県のアンテナショップIBARAKI sense(イバラキセンス)で見つけた芋けんぴ。

イバラキセンスには何度も来ていますが、干し芋の種類は数あれど、芋けんぴはあまり見かけません。

通年販売の商品は無く、数カ月に1回違うメーカーの並んでますね。

広告

黄金の芋けんぴとは

こちらの黄金の芋けんぴは、茨城県常陸太田市にある食品加工会社のケーフーズ生田目(なまため)さんが製造しています。

生田目=なまためと読むんですね。同様の名前の会社が福島県にもあるようですが、全く関係が無いようです。

黄金の芋けんぴの食レポ

食べてみると砂糖が美味しいです。芋けんぴって他社との味の差を出すのは難しいと思います。

さつまいもと砂糖だけで勝負しなければならず、砂糖にこだわると芋の甘みより砂糖の甘みの方が強くなりますし。

芋の品種は書かれていませんが、芋けんぴでは定番の黄金千貫を使っているような気がします。

たまにオリゴ糖を使っている商品もあるが、これは砂糖のみ甘さに飽きが無く、普通にスタンダードな国産の芋けんぴを食べたい人にお薦めですね。

黄金の芋けんぴ情報

商品情報
名称 :  油菓子/芋けんぴ
原材料名 :  さつまいも、砂糖、植物油脂
内容量 :  200g
製造者 :  ケーフーズ生田目
値段 :  432円 (税込み)
購入元 :  IBARAKI sense(イバラキセンス)

芋男の評価

普通の芋けんぴ食べたい人に良いですよ。

おすすめ度
 4.0 点
LINEで送る
Pocket

広告
芋男
大学を卒業後、独立系SI屋に就職、Linux関連の会社に転職後、干し芋好きが講じてこのサイトを作成。自分が実際に食べて美味しかった干し芋を紹介したいと考えています。