美味しい定番の平干しを食べたい人向けの干し芋

LINEで送る
Pocket

茨城県ひたちなか市、幸田商店さんの玉豊で作った干し芋、平切りです。おそらく幸田商店さんのド定番の商品です。
広告

ほしいも(平切り)玉豊 とは

さつまいもでもっとも有名な品種は紅あずまだと思います。スーパーに並んでいるサツマイモもほとんど紅あずまです。しかし紅あずまは干し芋を作るのに適した芋では無いため、干し芋の原材料として使われることはありません。実は干し芋の原材料の8〜9割がこの玉豊という品種のサツマイモから作られているのです。

ほしいも(平切り)の食レポ

少し値段が張りますが、スーパーで買った商品と比べて、芋の香り、風味が全然違います。本当に美味しいです。先日食べた、同じ幸田商店さんの紅はるかに比べて甘みは少ないですが、それがまた飽きがこない味になっていると思いました。きっとベーシックな干し芋が好きな人にお勧めだと思います。

「紅はるか」と「玉豊」の違いが分かるように2つ並べてみました。左が「紅はるか」右が「玉豊」です。甘みが強い紅はるかの方が黄色いです。

トースターで焼いてみました。見た目の違いは分かりにくいですが、食べてみると玉豊は焼いた甘いお芋の味がするのですが、紅はるかは鼈甲飴をコーティングしたような味がします。
 

ほしいも(平切り)情報

商品情報
原材料名 :  さつまいも 玉豊 (茨城県産)
内容量 :  400g
製造者 :  幸田商店
値段 :  1000円 (税込み)
購入元 :  幸田商店

芋男の評価

スタンダードな上質な干し芋を楽しみたい人にお勧めです。

甘さ
 3.5 点
味わい深さ
 4.5 点
さつま芋の風味
 4.5 点
やわらかさ
 3 点
おすすめ度
 4.5 点

 

LINEで送る
Pocket

広告
芋男
大学を卒業後、独立系SI屋に就職、Linux関連の会社に転職後、干し芋好きが講じてこのサイトを作成。自分が実際に食べて美味しかった干し芋を紹介したいと考えています。