高級干し芋 干し芋オランジェッタ + きんかん イモダ IMODA

LINEで送る
Pocket

茨城県のアンテナショップ、IBARAKI sense(イバラキセンス)に一際目立つ干し芋。干し芋オランジェッタ。お値段なんっと5個で1296円。高!普通なら買わないと思いますが、このページで紹介するために清水の舞台から飛び降りる覚悟で購入(笑)この高級感漂う干し芋はどんな味がするのでしょうか?

広告

干し芋オランジェッタとは

干し芋オランジェッタは、茨城県筑西市にある小野瀬水産株式会社が製造販売している。干し芋にチョコレートをコーティングして酸味の効いた金柑が載った、チョコレート芋菓子です。

小野瀬水産のページには、

古き良き干しいもを、アレンジしました。甘くとろける干し芋に酸味の効いた金柑、干し芋の味を邪魔しないチョコレートを厳選しトッピングしました。甘味・酸味と口の中でいろんな味を楽しめるだけではなく、見た目・香りもお楽しみいただける商品となっております。干し芋は焼くことにより香りが引き立ち、さつま芋本来の味をお楽しみいただけます。1つ1つ個包装してありますので、食べやすくなっております。 ちょっとした手土産に。お子様、お孫様に安心してお届けできるスイーツです。

そもそもオランジェットとは ウィキペディア(Wikipedia) には、

オランジェット(フランス語:Orangette)とは、砂糖漬けの柑橘類の皮(ピール)をチョコレートで包んだフランス生まれの菓子。いくらか苦味のあるピールと甘いチョコレートの味の調和、柑橘香・リキュール・カカオの合わさった深い香りが、その魅力である。

とありました。なるほど、バレンタインデーの時にたまに頂くあれですね。

なるほど、ちょっとお高いのは高級なチョコと金柑を使っているからですね。

干し芋オランジェッタの食レポ

食べてみると、チョコがコーティングされている部分は、チョコの味しかしないですね。確かにチョコの部分は高級なチョコの味がします。

でも口の中にまだチョコが残っている状態で、残りの干し芋食べてみると、口にチョコが残っている状態だと、残りの干し芋の味が分からない。

単刀直入に言うと、干し芋にチョコがコーティングされていて金柑が乗っている味です。(笑)

確かに、丁寧に作られているけど、5個で1296円はやっぱい高いな〜。

チョコと金柑の主張が強くて、チョコと金柑の相性は抜群だという事は分かりました。

これだけなら良いが、やっぱり干し芋とチョコってあわなくない?

これなら1000円くらいの美味しいチョコを買って食べたほうが良い気がします。

他社と差別化したいのは分かるが。。。。干し芋は玉豊かな?

チョコと金柑の組み合わせは、めっちゃ美味いので、そのお菓子を作って売ったほうが良くない??

干し芋オランジェッタ情報

商品情報
名称 :  干し芋オランジェッタ
原材料名 :  干し芋、金柑、グラニュー糖、植物油脂、砂糖、ココアパウダー、カカオマス、脱脂粉乳、乳化剤、香料(原料の一部に乳成分、大豆を含む)
内容量 :  5個
製造者 :  小野瀬水産株式会社
値段 :  1296円 (税込み)
購入元 :  IBARAKI sense(イバラキセンス)

芋男の評価

でも、手土産に頂いたら嬉しいかも。

おすすめ度
 3.9 点
LINEで送る
Pocket

広告
芋男
大学を卒業後、独立系SI屋に就職、Linux関連の会社に転職後、干し芋好きが講じてこのサイトを作成。自分が実際に食べて美味しかった干し芋を紹介したいと考えています。