小野瀬水産のスイートポテト IMO MUSUME, IMODA

LINEで送る
Pocket

茨城県のアンテナショップイバラキセンス IBARAKI senseに行った時に見つけた、小野瀬水産のスイートポテト。え?水産???水産業者なのにスイートポテト。茨城県 紅あずま使用の IMO MUSUME と IMODA 2種類があったので2つ共購入してみました。

広告

小野瀬水産のスイートポテト IMO MUSUME, IMODAとは


 

 

 

 
IMO MUSUME, IMODA は、茨城県産の紅あずまを使用した茨城県筑西市にある小野瀬水産が製造しているスイートポテトです。小野瀬水産のホームページを見ると、茨城県の食材を使った食品をいろいろ商品を作っているようです。商品一覧のあんこう鍋とか食べてみたいなー(笑)

パッケージの裏を見ると、IMO MUSUME(つくば娘) と IMODA 原材料が全く同じだが、これは同一商品なのではないだろうか???一抹の不安を覚えつつ食べてみることにします。

小野瀬水産のスイートポテト IMO MUSUME, IMODAの食レポ


 

 
まずは、IMO MUSUME を食べてみると。まさに芋ですね(笑)。最近、クリームたっぷりのスイートポテトばっかり食べていたので、芋感がすごいスイートポテトにびっくりです。芋の味だけで勝負したい気持ちが伝わる一品ですね。よく見ると、スイートポテトに芋の繊維の毛が見えます。原材料を見ると自然の食材のみを使用しており、子供にも安心して食べさせられる。お菓子ですね。

次は、 IMODA ですが、サイズが少し違って、パッケージが違うだけで同じ味じゃないか...2個は食べすぎました。(笑)

 

 

小野瀬水産のスイートポテト IMO MUSUME, IMODA情報

商品情報
名称 :  生菓子(スイートポテト)
原材料名 :  さつまいも(茨城県産)、牛乳、砂糖、バター、鶏卵、食塩
内容量 :  1個
製造者 :  小野瀬水産
値段 :  254, 175円 (税込み)
購入元 :  IBARAKI sense(イバラキセンス)

芋男の評価

家で作った、美味しいスイートポテトの味ですね。

おすすめ度
 3.9 点

LINEで送る
Pocket

広告
芋男
大学を卒業後、独立系SI屋に就職、Linux関連の会社に転職後、干し芋好きが講じてこのサイトを作成。自分が実際に食べて美味しかった干し芋を紹介したいと考えています。