幸田商店のさつまいもチップス

LINEで送る
Pocket

干し芋で有名な幸田商店がさつまいもチップスも出していてとは、多角的経営すごいな〜と思ったが製造者は、静岡県にあるさつまいもチップスの大手、松浦食品さんが製造していた。

干し芋の大手。さつまいもチップスの大手のコラボどんな味なのでしょうか。

広告

幸田商店のさつまいもチップスとは

幸田商店は質の高い干し芋を作っている大手の会社で、芋男も大好きな干し芋会社の一つです。

松浦食品は、芋けんぴ、かりんとう、ポテトチップスなど芋の揚げ菓子を多く作っている会社です。

これは、想像するに幸田商店の芋を使った幸田商店プロデュース、松浦食品さつまいもチップスです。

幸田商店のさつまいもチップスの食レポ

食べてみると、味わったこと無い薄切りのさつまいもチップスですね。松浦食品の製造だが幸田商店のこだわりが感じられるます。

チップスに砂糖をつけすぎないで芋の味で勝負したいのが伝わる味です。

砂糖だけではなく、塩が少々入っているのが良いのが良いのかもしれません。甘過ぎないので飽きが来ない、食べ過ぎちゃうさつまいもチップスです。

幸田商店のさつまいもチップス情報

商品情報
名称 :  油菓子
原材料名 :  さつまいも(茨城県産)、植物油脂、砂糖、食塩
内容量 :  100g
販売者 :  幸田商店
製造者 :  松浦食品有限会社
値段 :  278円 (税込み)
購入元 :  IBARAKI sense(イバラキセンス)
栄養成分表示
1袋100g当たり
エネルギー :  474kcal
たんぱく質 :  1.9g
脂質 :  18.8g
炭水化物 :  74.4g
食塩相当量 :  0.47g

芋男の評価

薄切りさつまいもチップスをご堪能あれ。

おすすめ度
 4.1 点
LINEで送る
Pocket

広告
芋男
大学を卒業後、独立系SI屋に就職、Linux関連の会社に転職後、干し芋好きが講じてこのサイトを作成。自分が実際に食べて美味しかった干し芋を紹介したいと考えています。