絶妙な粉の吹き具合だった 遠州名産 いもの花

LINEで送る
Pocket

みなさん、干し芋が生まれた場所ってご存知ですか?現在干し芋の9割が茨城県で生産されていますが、栽培が始まったのは、文政年間の頃(1818〜1831年)、現在の静岡県御前崎市あたりと言われています。よって本当の生まれた土地は静岡県ですが、現在の本場は茨城県といったところでしょうか。今回は、その静岡、遠州産の干し芋 いもの花を購入。

広告

遠州名産 いもの花とは


 

 

 

 
福田商店は、70年以上静岡県掛川市で、芋の生産から干し芋の製造、販売を行っている老舗の干し芋屋です。

ちなみに、福田商店の干し芋は過去2回食べたことがあります。
【貴重品種】人参いも ハマコマチの干し芋を食べてみた
静岡県遠州産【小粒】こつぶな干しいも

今回、初めて定番商品を見つけたので購入出来ました。

遠州名産 いもの花の食レポ


 
まず袋を開けてみると、粉の吹き具合が最高に良いです。この芋の粉は、でん粉が糖分に変わった証拠で食べる前から甘さが伝わります。

ちなみに芋の乾かし具合、期間によって、ベトベト系、サラサラ系の干し芋が分かれますが、これはサラサラ系の干し芋です。

食べてみると、角切りなのにすごく柔らかいです。角切りの中国産の安い干し芋は固くて、芋の切れ端を食べているような味がするんですが、これはまさに本物の味。

パッケージに芋の品種が書いてなかったので、玉豊?と思っていましたが、商品一覧を見ると、紅はるか、クイックスイ-ト、ハマコマチ、泉とラインナップがあるんですが、玉豊はないんだよな〜。

紅はるかのように甘くないが、芋本来の味が味わえるのでもしかしたら泉???

とにかく角切りの、一つ一つが大きく食べごたえがあります。

一つが小さいと芋本来の味が味わえないけれど、丁度いいサイズにカットしているのは、食べた時の充実感をちゃんと考えた大きさな気がします。福田商店やるな。

福田商店の干し芋は、他のも食べたがこれが一番美味いと思う。

遠州名産 いもの花情報

商品情報
名称 :  甘藷蒸切干
原材料名 :  さつま芋
内容量 :  150g
製造者 :  有限会社福田商店
値段 :  630円 (税抜き)
購入元 :  CHABARA(ちゃばら) 日本百貨店しょくひんかん(にっぽんひゃっかてんしょくひんかん)
栄養成分表示
1袋100g当たり
エネルギー :  263kcal
たんぱく質 :  1.8g
脂質 :  0.7g
炭水化物 :  65.2g
糖質 :  59.6g
食物繊維 :  5.6g
食塩相当量 :  0.1g
ナトリウム :  404mg

芋男の評価

かなり、味わい深い。食べごたえがある。角切りでした。

甘さ
 3.7 点
味わい深さ
 3.8 点
さつま芋の風味
 4 点
やわらかさ
 4 点
おすすめ度
 4.2 点

LINEで送る
Pocket

広告
芋男
大学を卒業後、独立系SI屋に就職、Linux関連の会社に転職後、干し芋好きが講じてこのサイトを作成。自分が実際に食べて美味しかった干し芋を紹介したいと考えています。